お店情報

食するお茶、茶葉まで食するグリーンティート

こんにちは、管理人のMUTSUMIです。
今日も我が家のあんなkoto、こんなkotoにお付き合いください。

今日は久しぶりに、お店情報です。
と言っても、ランチ情報ではなくティータイム情報になります。

今日は友人と劇団四季「オペラ座の怪人」を観てきました。

友人曰く、先日京都駅に行ったら 外国人がいっぱいで
食事をする店を探すのが大変だったと。

今日は「オペラ座の怪人」がメインなんで
終わってからのお茶だけって事で、昼食済ませてから出かけてきました。

劇団四季情報ですが、「オペラ座の怪人」は5月が千秋楽です。

私は「オペラ座の怪人」は2回目で、実は3月のチケットもとってあります^m^
劇団四季、大好き(^^)v

と、話がそれてしまいました。
終わってからのティータイムのお話です。

メルパルク京都 鴨川

京都劇場は京都駅の東のゾーンにあります。
一階に降りてすぐ北側に、メルパルク京都があります。

京都劇場から一番近場で気楽にお茶できる場所です。

ダイエット中ですが、せっかく出かけてきたのだから
何か美味しい物食べようと思いましたが
ちょっと躊躇してしまいます(笑)

そこで目に付いたのがこちら
「茶葉を食する」とメニューに書かれていました。

[st-kaiwa1]お茶食べるって、何やろ?[/st-kaiwa1]

興味本位で頼んだのがこちらです 「Green Teat」税込1,000円

向かい合って座ってる席の友達との真ん中に、置いてあるメニューのような物
これに飲み方が書かれています。

一応、説明は受けます。

まず、真ん中の急須絞り出しようの分ですが
そこに最初は茶葉と冷水が入っています。

直ぐに飲める状態になっているので、まずそれを飲みます。

こんな感じですね。でも出てきた茶葉、家で使ってるお茶とは
若干違っています。

夏にお客様用のお茶を茶葉と冷水で、冷蔵庫で水出しみたいなのすると
美味しいって言いますよね。まさにあれですね。

まろやかで美味しかったです。

これを飲み干すと、次は右上の急須に入っているお湯を真ん中のに入れて
暖かいお茶を頂きます。

その時に、左上にあるプリンを一緒に頂きます。

あ、画像切れてますね(^_^;)
上の画像で見てくださいね。

そして最後に、画像の右下にある黒い器。
そこに入っているのは、実はポン酢です。

飲み干した後の茶葉を、そこにつけて頂きます。

まさに「茶葉を食す」

これが、意外にもいけるんです!
驚きましたねぇ~♪

ポン酢の酸味が程よくて、茶葉はやっぱり家の茶葉とは違います。
とても柔らかなんです。

でもね、正直な所

[st-kaiwa1]これを全部食べるのは無理やね[/st-kaiwa1]

最初の一口、二口は 斬新で楽しめるんです。
癖もあまりないし、それなりなんです。

でも、全部食べろと言われても・・・と言う感じです(笑)

結局半分以上残してしまいました。

最後にひと言

茶葉からの苦みは全くなかったです。

それと、本当に柔らかくて 新茶の新芽の所かな?
と思われる感じでした。

ま、何事も経験ですね。

いろんな物食べて飲んで楽しんで!

暖かいお茶も、お湯が入っていると言う物の
割と低温のお湯でした。

[st-kaiwa1]玉露入れる時の温度かな?[/st-kaiwa1]

と話していたのですが、それくらい温度低かったです。

あ、自分で玉露入れた事ありませんが(笑)

頂くときの温度は低いですよね。
あの感じでした。

今日は久しぶりの劇団四季に、お喋りにと楽しい一日でした。

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村