今日のおかず

昆布だし用にポットを用意

年末年始に、我が家のキッチンで大活躍したものがあります。

高価な物ではありません。

何処にでも売っているような、他愛ないものです。

でも今の我が家には、それは欠かせぬ物になっています。

夜寝る前に、ちょっとひと手間で 翌朝が楽々です。

はい、大活躍したのは上の画像の容器です。

自分の使い勝手で、今までで一番良かったのがそれです。

昆布だし用の容器

夜、寝る前に翌日の分をセットしておきます。

そうすれば、朝のお味噌汁にもすぐに使えますし
朝にお味噌汁作らなくても、昼食や夕食で役に立ちます。

大きな昆布はいりません、小さな物で十分。

じっくり時間をかけて、置いておくと昆布だしがよく出ます。

上の画像の状態で、私は浄水を入れて蓋をしておきます。

 

一番上の画像ですが、大きなほうが使いさしです。

小さな方が、セットしたばかりの昆布だしです。

夫婦2人だけの日は、小さな方で十分足ります。
900ml容器です。

大きい方は、誰かが来る予定があったり
お鍋をするときなどに、使っています。
こちらは1800ml容器です。

部屋は暖房入れるので、この後冷蔵庫に入れておきます。
容器の形が、ドアポケットにちょうどあいます。
気に入っているのは底の部分。

容器の形によっては、ほかの物とけんかをします。
これだと、収まりがとても良いのです。

 

お出し

以前からお味噌汁などは、昆布とカツオでおだしをとっていました。

でも日常の、ちょっとしたものに関しては顆粒のだしの素を使っていました。

何事も便利よく、使い勝手を考えて手を抜けるところは抜くのが私流。

所がです、カツオを昆布でおだしをとっていると
だんだん顆粒のおだしの味が気になりだしました。

作った味って言うのでしょうか?

化学調味料の味がするって、思ってしまうようになって
最近は昆布だしをベースにするようになりました。

こんな風に、昆布をつけるだけでOKなんで
だし取りに神経を使うこともありませんし
比較的楽に、準備ができます。

あわせて読みたい
お出汁とってますか?昆布編こんにちは、管理人のMUTSUMIです。 今日も我が家のあんなkoto、こんなkotoにお付き合いください。 かつお出汁のとり方のお話...

まぁ、私は夫と二人家族 さらには専業主婦って言うのもありますから
若くてお忙しい方たちには、なかなか厳しいかもしれませんが。

何せ私も、今までは長年顆粒のだしの素使ってましたから。

そう考えると、これは年齢的な物なのかもしれませんね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です