酵母

酵母のある暮らし

私が通っているパン教室では、ドライイーストでパンを焼きます。

安定したパンが焼きあがりますので、ドライイーストはパン作りに欠かせません。

パン教室に通いだして、パン作り自体に慣れてきた頃
私は自家製の酵母と出会いました。

酵母を起こし、元種を作りそしてパンを焼く。

当時は市内の通える範囲に教室がなく
仕方なく私は独学を始めました。

ネットでも検索しましたが、本も色々買い集め
さらには図書館でも持ってない本を借りてきて
必死で読んでいたのを思い出します。

まるで理科の実験のように、瓶に入れたイチゴを
毎日眺めながら、酵母を育てたのは昨日の事のようです。

酵母育てには紆余曲折ありました。

やはり生き物ですから、最低限の手はかかります。

酵母を育てる

最初の頃は、年間通して酵母を育てていました。

育った酵母でパンは勿論ですが、お料理などにも活用していました。

ただ、やはり生き物ですから 手をかけられずに
廃棄って事態もありました。

自身の体調もあり、手をかけられずにダメにすることもありました。

そんなこんなで、今は楽な季節に マイペースで育てると言うのが私流。

これは今育てている、金柑とレモンです。

レモンは思うところあって、実験的に皮をむいて
身と皮を別々にして入れています。

これは冷蔵庫に4日寝かせて、外に出した後の状態です。

近づいて見ると、瓶の中はこんな感じ。

皮の部分に小さな気泡が沢山ついているのがわかるでしょうか?

この気泡が日を追うごとに増えてゆき、1週間くらいすると
泡であふれかえるくらいになります。

もう少し、大きくしてみてみるとこんな感じです。

この瓶に気泡があふれかえるほどになったら、次は元種を作ります。

それにもまた数日を要しますが、そのあとはパンを焼くことができます。

この画像、随分前の物になりますが
テーブルの上にあるパンは勿論ですが、フルーツは酵母の漬けたものですし
パンの向こう側に見えている物は、酵母を使ったお料理です。
小さなグラスに入っているのは、酵母を使って作ったワイン風味のドリンク。

天然酵母って、パン作りだけでなくいろんなものに活用できるんです。

酵母を起こすことになれさえすれば、食卓のレパートリーは増えてゆきます。

コボパン倶楽部

上の写真ですが、いつもレッスンに通っている教室をお借りして
私が行った酵母のレッスンの時の写真です。

酵母を起こしてパンを焼く、でも教室と言うより
皆さんで一緒に酵母を楽しみながら、一緒に学びましょうと言うスタンスで
教室ではなく倶楽部と言うネーミングをつけて、1年だけ学ばせてもらいました。

ただ、そのころは私の体調自体も安定せず
それ以降は続けることができず、今に至っています。

今回、このブログに「酵母」と言うカテゴリーを作り
酵母の事、いろいろつぶやいてゆきたいなと思っています。

また、ご一緒に学べたら嬉しいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です