今日のおかず

今年も玄米味噌作り20歩麹

今年で3年目になります、我が家の味噌作り。

友達のグループLINEで、ある日味噌作りの話題が出て盛り上がりました。

カビだらけになった記憶がよみがえりました。

そのことを友達たちに話したら、そんなことにならないように
上手にできる方法を伝授してくれました。

その言葉に背中を押されて、直後にお味噌の材料を購入。

いそいそとお味噌作りをしたのが3年前の事でした。

でも、教えてもらった通り作ったらとても上手にできて
家族の評判も良く、気を良くして昨年も頑張って味噌作りをしました。

昨年の味噌作りはこちら

[st-card id=https://koto-koto.info/2018/02/10/miso/]

今年の味噌

味噌の材料は、毎回同じところから購入しています。

家族に評判が良かったことで、材料は全く同じものを選んでいます。

他の材料は買ったことがないので、どんな感じかはわかりません。

1年目は4キロ、あっという間になくなってしまいました。

2年目は12キロ、仕込んで1年 今もまだ4キロ分残っています。

3年目も同じく12キロ仕込みました。

 

仕込み

大豆は浄水で洗い、たっぷりの水につけて半日置きます。

しっかり膨らんだ大豆を、柔らかくなるまで炊きます。

指でつまんでつぶれるくらいになるまで炊くのがコツ(^^)v

炊いている間に、塩きり麹を作ります。
麹と塩を混ぜます。が、今年はちょっとなまくらしました。

大きな袋に、麹と塩を入れてバルーンみたいにして
ゆっさゆっさとゆすって混ぜました。

 

こんな感じです。

 

大豆が柔らかくなったら、同じく大きな袋に入れて
軍手をして大豆を押しつぶします。

指でつぶれるくらいまで湯がいているので、つぶれるのは直ぐです。

昨年までこの作業は、フードプロセッサーにお任せしてましたが
わざわざフードプロセッサー使うほどの事もありませんでした。

なんといっても簡単だし、洗い物も減ります。

つぶれた大豆と塩きり麹を一緒に混ぜて、適当な大きさに丸めて
容器に投げつけるように入れてゆきます。

空気が入らないよう、投げつけるって感じにします。

そうそう、容器は事前に熱湯消毒しています。
そのあと、毎年と同じく ブランデーで消毒しています。

キッチンペーパーにたっぷりのブランデーをしみこませて
容器を綺麗に拭きます。

そうして、最後に容器の上の方も綺麗に拭きとって
同じくブランデー含ませたキッチンペーパーで蓋をします。

この後、この上にラップ!

ブランデーの良い香りが、部屋中に漂います。

お酒大好きの私には、たまりません( *´艸`)

そして、ブランデーで拭くことで消毒もバッチリ。

昨年の分は、カビなしでした(^^)v

さぁてと、このまままた半年以上寝かせることになります。

美味しくな~れ♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です