お弁当・ひとり飯

おじさんの茶色いお弁当 煮豚

おじさんの茶色いお弁当、更新が滞っています。

作るたびに、あと何回作るのかなあと思う今日この頃。

夫の出勤も若干減ってきて、だんだん消滅するのかなぁ?

そうなれば私としては、とても楽ですが
ちょっと寂しいかもしれませんね。

なんて言っていられません、とりあえずは今週のお弁当です。

お買い物に行ったときに、お弁当の事を思い出し
慌てて売り場をもう一回りした私です。

今回はちょっと、手抜きと言うか朝の時間を楽させてもらいました。

煮豚は夜に仕込めば、朝煮詰めれば良いだけです。

煮豚弁当

たまたま、スーパーに豚の小さな塊が売っていました。

大きさ的に、お弁当にちょうど良いかなと言う感じ。
ラッキーなことに私のお昼分もできちゃいそうな感じ( *´艸`)

まずはこんな感じ。

煮豚は脂身があまりないもも肉でしたので、前夜に圧力なべで炊いてそのまま朝まで放置。

煮豚の作り方はこちら
[st-card id=https://koto-koto.info/2017/09/07/nibuta/ ]

朝起きて一番、圧力鍋の蓋を開けて そのまま弱火でコトコト煮詰めます。
朝の忙しい時間、ウッカリもありますから弱火必至!
そして最後に、火を強くして絡める感じで出来上がり。あとはスライスして、お弁当箱へ。
下にはレタスちぎって敷いています。

すぐよこは、ほうれん草のお浸しです。電磁レンジでチンして冷水にさらし、ギュッと絞ってだし醤油。
仕上げにゴマをパラパラ。

ほうれん草のお浸しの向こう側に見えるのは、焼きナス。
これはお魚焼くときに一緒にグリルに入れています。
焼きあがったら皮をむいて、中を割ってそこにだし醤油垂らしています。

これ以上茶色くならないための、ちょっとした工夫です(笑)

お浸しの隣は、鰆のみそ漬け。グリルで焼くだけ。

そしてその後ろは卵焼き、これもだし醤油で味付けしてあります。

ご飯はいつものように、真っ白です。

何もかけない、足さない派の夫です。

 

煮豚の残りは、私のお昼ご飯に。
小さな丼にごはんをいれて、レタスしいて煮豚のせて「にぶた丼」

なまくらメシの代表みたいな感じですね。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です