健康・ダイエット 冷菓飲料 酵母

発酵あずきを作ってアレンジを楽しもう!まずは発酵あずきラッシー

投稿日:

発酵あずきってご存知ですか?名前の通り、小豆を発酵させた物が発酵小豆です。

あずきが体に良いと言うのは、おばあちゃんからの知恵でしょうか?

今回は体に良いと言われている小豆と米麹をつかって、発酵小豆を作ってみました。

発酵あずきとは

これが出来上がった発酵あずき。と言っても、これはかなり水分が多めなんで小豆がつぶれています。小豆の粒の硬さ加減は自由に加減ができます。

まず、最初にお伝えしておかなくてはいけないのは 私の場合はこの発酵小豆をペーストにして使用したいので、小豆をつぶれるくらい柔らかく煮ています。それゆえ、上の画像のような姿になります。

発酵小豆とは、ゆでた小豆に麹をプラスして、じっくりと発酵させた物の事です。私はネットで乾燥米麹をお安く手に入れたので、それを使って作っています。

私が使っているのは、この米麹です。乾燥麹なんで、保存が楽です。

あずきはスーパーで売っている普通の小豆を使っていますが、ネットでも購入できますね。どうせつぶしてしまうので、大きな粒の物とか必要ないので次はこれを購入しようかなと思っています。

発酵あずきの作り方

材料

あずき   200g
米麹(乾燥)200g
あずきを炊くための水は、硬さの好みもあるので適量で。
米麹とあずきを混ぜたときに、200ccほどの水を必要とします。

あずきの炊き方

  1. あずきをサッと水洗いをし、たっぷりの水に浸して一晩つけておく。
  2. あずきの粒が、膨らんで大きくなっています。水が少ないようなら足して、火にかけます。たっぷりの水が良いです。
  3. 火は強めで良いです、沸騰したらゆで汁を捨てます。これが渋抜きです。
  4. この後新たにお水を足し、火にかけます。沸騰したら弱火にして、コトコト煮てください。1時間もすれば柔らかくなります。
  5. あずきの粒を残したいときは、あまり柔らかくなりすぎないように注意です。水分は飛ばしておきましょう。

発酵あずきの作り方

あずきが熱いままだと、麹が死んでしまいます。冷ましておいてから、麹と混ぜるようにしてください。

私の場合は、ヨーグルトメーカーを使用しています。今回もヨーグルトメーカーでの作り方をお知らせします。

使うヨーグルトメーカーは以前にもご紹介していますが、こちらです。

あずきが冷めたら、お鍋に米麹を入れて混ぜ合わせます。

そのままだと、硬いので少し水を足して柔らかくなった状態でヨーグルトメーカーにセットします。

60度で8時間。

それで終了です。こちらの画像が出来上がったところです。

ペーストにするため、あずきを柔らかく炊いているのでこのようにあずきの粒がわかりませんが、本来はもう少しあずきの粒がある物として想像してください。

このままでは、結構熱いのでふたを開けて冷まします。

冷めたら冷蔵庫で保管です。

発酵あずきでも炊くのが面倒

ご安心ください。私は炊くのは苦にならないタイプ何で良いのですが、面倒だって思う方も多いかと思います。

でもご安心ください、そんな方のために水煮が売っています。こう言うのを使うのも手ですね!私も夏場には、これ使おうと思います。

 

発酵あずきの活用

私はホーローのタッパーに移して、そのままブレンダーでペースト状にしました。

こうやって冷蔵庫に入れておくと、使い勝手が良いからです。スプーンですくって使えます。

発酵あずきのラッシー

これが発酵あずきラッシーです。味の調節はお好みで自由にアレンジができます。

材料

ヨーグルト(無糖)  100g
牛乳         100g
発酵あずき       50g
レモン果汁      少々

用意するのはこれだけ。発酵あずき事態に甘みがあるので、私は糖分は何も入れていませんが甘いのが好きな方は好みで入れて下さい。

この材料は1人分なんで、私はこのまま縦長のタッパーに入れてシェイクしてのんでいますが量を増やす時はブレンダーを使っています。

いつもこう言ったタイプのブレンダーを使っています。最近はお手頃価格の物がたくさん出ています。我が家では重宝に使っています。

まずはヨーグルト、牛乳、発酵あずき、モン果汁も一緒に入れます。

これは一人分の時です。こうやって細長いタッパーに入れると、シェイクしやすいんですよね。もう少したくさんの量を作るときは、もう少し大きなタッパーに入れてブレンダーで撹拌してます。

今回はここのレシピ用にブレンダー使いました。どうしても気泡が出ますが、その辺は気にしないで大丈夫。

こんな感じですが、気泡は飲むとき気になりませんので大丈夫。

ポイント

ラッシーの材料は基本がヨーグルトと牛乳です。この割合で、ドロドロであったりサラサラであったりします。その辺はお好みに合わせてもらったら良いかと思います。

発酵あずきの効能って?

最後になってしまいましたが、発酵あずきって何が良いのでしょうか?一番にそこ、気になりますよね。発酵食品が体に良いと、よく耳にします。あずきも体に良いよと、おばあちゃんの知恵です。

さて、それではどんなことに良いのでしょうか?ちょっと調べてみました。

あずき

あずきは昔から、腎臓に良いとよく耳にします。体に悪い物を、外に出してくれると聞いたことがあります。利尿作用が良くて、排出してくれるんだとか。ちょっと具体的に調べてみました。

  • まず、利尿作用が良くなると言うのは、あずきの外皮に含まれているサポニンのお陰なんだそうです。
  • 血中コレステロールも排出してくれるので、血液が綺麗になります。
  • カリウムをたくさん含んでいます、サポニンもたくさんあってとダブルで嬉しい!高血圧予防にも!
  • むくみの解消にも一役買ってくれます。
  • 食物繊維もたっぷりです。

麹とはお醤油やお味噌を作るときには欠かせない物です。米・麦・豆などに麹菌を付着させて培養します。麹菌とは実はカビなんです。

え!カビ!体に悪い!

と思うかもしれませんが大丈夫、麹は良いカビです。麹菌とはコウジカビの事なんですね。

さてさて、この麹には多くの酵素が含まれています。酵素は消化吸収の手助けをしてくれます。

お肉が柔らかくなると言うのも、よく耳にしますね。それからうまみをアップさせてくれたりと、良いことがいっぱいです。

麹はお醤油やお味噌だけではなく、甘酒を作るのにもつかわれます。甘酒は麹と炊いたご飯からできます、そしてこれは飲む点滴と言われるほど体に良いと!

何かと嬉しい事がいっぱいの麹、さらにあずきとプラスで言うことなしですね。

まとめ

  • あずきは利尿作用がよく、体のむくみをとってくれると言われています。
  • 私の場合はこのむくみをとるために、発酵あずきを作っています。
  • 麹は乾燥したものだと、使い勝手が良いです。ネットだとお安いのを購入することができます。
  • あずきを炊くのが面倒だと言う方には、水煮のあずきも売っています。それを使うとさらに簡単です。
  • ラッシーに発酵あずきを入れて、朝食にするとダイエットにも良さそう。ただし、牛乳もヨーグルトもカロリー気を付けてくださいね。
  • 小腹が空いて、何か欲しいって時にはスプーンでそのまま食べるのもOK。発酵あずきは、ほんのり甘いんです。
  • あずきも麹も体に良いと言われていますが、薬ではないのでその辺はご理解ください。

発酵あずき、私はむくみ取りのために始めました。休日の朝、少し寝坊した日なんかの朝ごはんにするのが気に入っています。

ヨーグルトメーカーですが、我が家では良く活躍しています。甘酒を作ったり、ヨーグルトを作ったり。とりあえず便利な器具です。ヨーグルトメーカー事態が軽いのでキッチンの棚の上に寝かせておいてます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

-健康・ダイエット, 冷菓飲料, 酵母

Copyright© 気まぐれキッチンkoto-koto , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.